心臓から送り出される血液の量が多くなったり、血管が細く狭くなり血液の流れが悪くなることによって、血圧が基準値より高くなるのは高血圧といいます。血圧が高くなっても、最初にあまり症状を感じません。高血圧の推進によって、肩こりや頭痛、めまい、動悸、息切れ、むくみなどの症状を感じることもありますが、こうした症状は必ず現れるわけではないので、高血圧の目安とはなりません。たとえ症状を感じなくても、血圧が基準値よりも高ければ高血圧と診断できます。高血圧の種類はいくつかありますが、下に紹介しますので、是非ご参考ください。

1.本態性高血圧

高血圧患者の約9割は、原因がはっきりしない「本態性高血圧」といわれています。さまざまな検査を行った結果、原因が解明されない場合、「本態性高血圧」と診断されます。本態性高血圧は、遺伝的な要素と生活習慣の要素が重なって起こるのではないかとされています。近親者に高血圧の人がいると、高血圧になりやすい体質だということです。なりやすい体質に、生活習慣の要因が加わることで高血圧になる確率が上がります。生活習慣の要因とは、塩分の摂り過ぎ、肥満、アルコールの飲み過ぎ、喫煙、ストレス、寒さなどが挙げられます。本態性高血圧は特徴的な症状が現れないため、健康診断や他の疾患で医療機関を受診して偶然発見されることが多いです。症状が進むと、頭痛、肩こり、倦怠感などが現れることがあります。生活習慣病といえる本態性高血圧には、生活習慣の改善が非常に重要です。

2.続発性高血圧

続発性高血圧は、病気が原因で高血圧になっています。そのため、原因となっている病気そのものを治療することが高血圧症を改善することになります。高血圧患者の約10パーセントが続発性高血圧とされています。また、30代前に続発性高血圧が発症することが多いです。