高血圧には、本態性高血圧と二次性高血圧の2種類に分けられます。その中には、90%程度が原因不明の本態性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。特に、本態性高血圧は、生活習慣の乱れや遺伝素因、加齢などが相互に関連し合って発症すると考えられています。高血圧になると、いろいろな症状が出る可能性があります。ここで、それぞれ紹介しますので、是非ご参考ください。

1.頭痛

高血圧の自覚症状で頭痛や頭重感が現れることがあります。高血圧頭痛は後頭部に痛みを感じることが多く、吐き気を伴うことがあるようです。頭痛があるからといってイコール高血圧というわけではありませんが、後頭部の頭痛の場合は可能性があるので注意が必要だといわれています。良性高血圧から悪性高血圧へと移行するときには頭痛が起こることが多いので、現在高血圧症の場合には頭痛が起こった場合は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

2.肩こり

肩こりを感じている人は、もしかしたら高血圧かもしれません。中高年で高血圧症だと、血流が悪いことで肩こりを感じてしまう人もいるようです。運動不足によっても血流が悪くなることがあるので、肩を軽くストレッチしたり、軽い運動をするなどして、血流改善の対策をしていきましょう。

3.動悸

高血圧になると、心臓に大きな負担がかかります。それは、高血圧の状態が長く続くと、全身に血液を送り出すポンプの役割を持つ心臓にはより強い力が求められ、心臓の壁が厚くなって肥大化するためです。心臓が肥大化するとポンプ機能が弱まり、不整脈が出て動悸の原因になります。高血圧症による動悸の治療には、心臓そのものに対するアプローチよりも、高血圧の原因を調べて血圧を下げることが重要となります。早めに内科や循環器内科を受診し、血圧のコントロールを行うようにしましょう。