高血圧は、血圧が高いという症状ですが、一回だけ測定した血圧が高いと、高血圧になったというわけではありません。高血圧とは、何回繰り返して測定しても、血圧が正常のレベルより高い場合(最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上)をいいます。その場合、高血圧と診断できます。

普通は、血圧が高くなっても、特徴のある症状が出ないとはいえ、そのまま放置すると、高血圧の悪影響が少し体の中で広がってきました。血圧が上昇することで、血管の壁に強い圧力を受けているということから、血管が傷つけられて、老化現象が早く推進してしまいます。血管は体のどこでも広がっていますため、高血圧の影響は全身まで及ぼします。具体的には、脳や腎臓、目の網膜などにある血管は高血圧の影響を受けやすいです。そして、血液を送り出すに勤める心臓も、高血圧の合併症が出やすい臓器です。それぞれ、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などの症状が起こります。

高血圧とは、発生原因より「一次性高血圧」と「二次性高血圧」2種類あります。約90%程度が原因不明の一次性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。

「一次性高血圧」とは、特に明確な異常がなにが、血圧が上昇し、「本態性高血圧」とも呼ばれています。しかし、血圧を上げる誘引は今明らかにしています。塩の過量摂取、過労、ストレス、運動不足、肥満、そして遺伝的問題などが考えられています。それに対し、「二次性高血圧」は,腎血管性高血圧、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、大動脈炎症候群など病気による、高血圧になります。そのため、原因となる病気が治ると、高血圧の改善もできます。特に、遺伝的に高血圧を持っている方は、生活習慣がよくないと、高血圧になる懸念があるため、日々の生活習慣に注意する必要があります。