高血圧の合併症の基本知識

高血圧の場合、自覚症状があまり現れていない時、病状がもう進んでいろいろな合併症を引き起こすことができますから、高血圧はサイレントキラーとも呼ばれています。高血圧の合併症と言えば、動脈硬化、脳に関する病気、心臓病、腎臓病などの病気があります。

動脈硬化
高血圧で動脈硬化が起こりやすいです。動脈硬化とは、血管が弾力を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態をいいます。高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、血液が流れる内腔は狭くなります。また、血管が傷つくと、コレステロールなどの脂質がたまりやすくなり、さらに内腔は狭くなります。そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇します。つまり、高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が、さらなる動脈硬化を促進するのです。

脳に関する病気
脳に関する病気は高血圧と深い関係があり、高血圧を放っておくと動脈硬化が進み、脳梗塞や脳出血といった脳に関する合併症が突然起こることがあります。重症になると死に至ることもありますから、注意してください。血圧を安定した状態に保つことでかなり高血圧の合併症の予防に重要だと言われています。

心臓病
高血圧の状態が続くと、心臓の働きが低下して血液の循環がうまくいかなくなり、動脈硬化を促進して常に狭くなる場合、狭心症、心筋梗塞を引き起こすことが多いです。

腎臓病
高血圧が長期間に続くと、腎臓の血管に動脈硬化が起こります。このため、血管の内腔が狭くなり、腎臓へ流れる血液量が減ってしまうので、腎臓そのものが硬くなり機能も低下します。これが腎硬化症です。また、腎臓機能の低下も高血圧症状を悪化させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です