♠ 有酸素運動が血圧を下げるには効果的

高血圧の改善や予防には有酸素運動が効果的だと言われますが、そもそも有酸素運動とはどのようなものなのでしょうか。

有酸素運動とは、運動の強度があまり高くなく、酸素を十分に体内にとり入れることが可能な運動を指します。たとえば、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、サイクリング、水泳などが有酸素運動にあたります。

通常、運動をしている最中は血圧が上がります。そして、日常的に運動を行う習慣のある方に比べて、運動習慣のない方が血圧は高いことがわかっています。しかし、血圧が高い場合でも、酸素をたくさんとり入れる有酸素運動を長く続けることによって血圧を下げることができるといわれています。ウォーキングや軽いジョギング、平たんな場所でのサイクリング、ゆっくりとしたペースでの水泳といった運動を長期的なスパンで行うことで高血圧の改善を目指していきましょう。

同じ運動でも、瞬発的に力が入る筋トレや懸垂、腕立て伏せなどは瞬間的に血圧が上がってしまうため、高血圧と診断されている方や、高血圧気味の方は控えておいたほうがよいでしょう。また、このような運動をする場合には医師に事前に相談することをおすすめします。

♠ 運動の量と頻度は注意すべきこと

血圧を下げるために有酸素運動を行う場合には、2日に1度、もしくは毎日続けるようにしてください。継続して最低30分以上は行うこともポイントです。続けることが大切なので、運動の習慣がない方は、まずは無理なく30分行える運動を考えるとよいでしょう。

また、厚生労働省が提唱する「健康づくりのための身体活動量」として、週23メッツ・時というのが推奨されています。メッツとは身体活動量・強さを表す単位で、座って安静にしている状態を1メッツなどと表現します。たとえば、20分の歩行は3メッツ、10分のエアロビクスでは6メッツです。合計して週に23メッツ以上になるよう計画的に運動を行いましょう。

これまで運動する習慣がなかった方にとっては、いきなり急な運動を始めることは体にとっても負担になります。最初は軽いウォーキングを短時間(30分程度)行うことからスタートして、徐々に増やしていくようにしましょう。

高血圧には、本態性高血圧と二次性高血圧の2種類に分けられます。その中には、90%程度が原因不明の本態性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。特に、本態性高血圧は、生活習慣の乱れや遺伝素因、加齢などが相互に関連し合って発症すると考えられています。高血圧になると、いろいろな症状が出る可能性があります。ここで、それぞれ紹介しますので、是非ご参考ください。

1.頭痛

高血圧の自覚症状で頭痛や頭重感が現れることがあります。高血圧頭痛は後頭部に痛みを感じることが多く、吐き気を伴うことがあるようです。頭痛があるからといってイコール高血圧というわけではありませんが、後頭部の頭痛の場合は可能性があるので注意が必要だといわれています。良性高血圧から悪性高血圧へと移行するときには頭痛が起こることが多いので、現在高血圧症の場合には頭痛が起こった場合は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

2.肩こり

肩こりを感じている人は、もしかしたら高血圧かもしれません。中高年で高血圧症だと、血流が悪いことで肩こりを感じてしまう人もいるようです。運動不足によっても血流が悪くなることがあるので、肩を軽くストレッチしたり、軽い運動をするなどして、血流改善の対策をしていきましょう。

3.動悸

高血圧になると、心臓に大きな負担がかかります。それは、高血圧の状態が長く続くと、全身に血液を送り出すポンプの役割を持つ心臓にはより強い力が求められ、心臓の壁が厚くなって肥大化するためです。心臓が肥大化するとポンプ機能が弱まり、不整脈が出て動悸の原因になります。高血圧症による動悸の治療には、心臓そのものに対するアプローチよりも、高血圧の原因を調べて血圧を下げることが重要となります。早めに内科や循環器内科を受診し、血圧のコントロールを行うようにしましょう。

心臓から送り出される血液の量が多くなったり、血管が細く狭くなり血液の流れが悪くなることによって、血圧が基準値より高くなるのは高血圧といいます。血圧が高くなっても、最初にあまり症状を感じません。高血圧の推進によって、肩こりや頭痛、めまい、動悸、息切れ、むくみなどの症状を感じることもありますが、こうした症状は必ず現れるわけではないので、高血圧の目安とはなりません。たとえ症状を感じなくても、血圧が基準値よりも高ければ高血圧と診断できます。高血圧の種類はいくつかありますが、下に紹介しますので、是非ご参考ください。

1.本態性高血圧

高血圧患者の約9割は、原因がはっきりしない「本態性高血圧」といわれています。さまざまな検査を行った結果、原因が解明されない場合、「本態性高血圧」と診断されます。本態性高血圧は、遺伝的な要素と生活習慣の要素が重なって起こるのではないかとされています。近親者に高血圧の人がいると、高血圧になりやすい体質だということです。なりやすい体質に、生活習慣の要因が加わることで高血圧になる確率が上がります。生活習慣の要因とは、塩分の摂り過ぎ、肥満、アルコールの飲み過ぎ、喫煙、ストレス、寒さなどが挙げられます。本態性高血圧は特徴的な症状が現れないため、健康診断や他の疾患で医療機関を受診して偶然発見されることが多いです。症状が進むと、頭痛、肩こり、倦怠感などが現れることがあります。生活習慣病といえる本態性高血圧には、生活習慣の改善が非常に重要です。

2.続発性高血圧

続発性高血圧は、病気が原因で高血圧になっています。そのため、原因となっている病気そのものを治療することが高血圧症を改善することになります。高血圧患者の約10パーセントが続発性高血圧とされています。また、30代前に続発性高血圧が発症することが多いです。

高血圧を予防するには、食生活の改善や運動が不可欠ですが、ほかにも生活習慣の中でぜひ、注意していただきたいことがあります。そこで今回は、食事や運動以外の高血圧を予防するための注意点について紹介いたします。

1.ストレスの解消

高血圧を予防するには、食生活を改善したり、運動する習慣を持ったりすることはもちろん大切ですが、もう1つ忘れてはいけないのが、ストレスを溜め込まないようにすることです。私たちの体はストレスを感じると、交感神経が刺激され、血管が収縮し、血圧が上昇してしまいます。ストレスをまったく感じずに生活していくのは不可能ですが、マイナス思考に陥りそうになったら気分転換をする、不満があれば我慢しすぎずに相手に伝える、ときには無理せず休む、完璧でない自分を受け入れる、没頭できる趣味を持つ、意識的に口角を上げて笑うようにする、ゆっくりと深呼吸する、リラックスタイムを持つなど、慢性的にストレスを溜め込まないような工夫することが大切です。

2.適当にギャンブルすること

ストレスを発散するために、競馬や競艇、競輪、パチンコ、麻雀などをするという人も、少なくないかもしれません。でも、こういった賭け事や勝負事は、やっている最中に白熱してくると血圧が上昇しますし、勝負に勝って大喜びしたとき、負けて悔しい思いをしたときなど、勝敗がついたときも血圧が上がるものです。賭け事や勝負事はほどほどにし、あまりのめり込まないようしましょう。

3.車の運転にも注意

車を運転と、長時間緊張を強いられたり、興奮しやすくなったりするので、交感神経の働きが活発になり、血圧が上昇します。血圧が正常な人が機嫌の良い状態で運転をしても、収縮期血圧が30〜40 mmHgほど上昇するという研究報告があります。機嫌が良い人でも、これだけ血圧が上がるということは、渋滞に巻き込まれたときやマナーの悪い車、歩行者に出会ったときなどは、さらに血圧が上昇するということ。血圧の高い人は、マイカー通勤をやめて電車通勤にするなど、車の運転を控えめにしましょう。しかし、満員電車に乗車する時も、血圧を上昇させる原因になります。通勤ラッシュの時間帯を避けたり、各駅停車を利用したりするなど、なるべく混雑を避けるほうがいいと思います。

高血圧は、血圧が高いという症状ですが、一回だけ測定した血圧が高いと、高血圧になったというわけではありません。高血圧とは、何回繰り返して測定しても、血圧が正常のレベルより高い場合(最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上)をいいます。その場合、高血圧と診断できます。

普通は、血圧が高くなっても、特徴のある症状が出ないとはいえ、そのまま放置すると、高血圧の悪影響が少し体の中で広がってきました。血圧が上昇することで、血管の壁に強い圧力を受けているということから、血管が傷つけられて、老化現象が早く推進してしまいます。血管は体のどこでも広がっていますため、高血圧の影響は全身まで及ぼします。具体的には、脳や腎臓、目の網膜などにある血管は高血圧の影響を受けやすいです。そして、血液を送り出すに勤める心臓も、高血圧の合併症が出やすい臓器です。それぞれ、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などの症状が起こります。

高血圧とは、発生原因より「一次性高血圧」と「二次性高血圧」2種類あります。約90%程度が原因不明の一次性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。

「一次性高血圧」とは、特に明確な異常がなにが、血圧が上昇し、「本態性高血圧」とも呼ばれています。しかし、血圧を上げる誘引は今明らかにしています。塩の過量摂取、過労、ストレス、運動不足、肥満、そして遺伝的問題などが考えられています。それに対し、「二次性高血圧」は,腎血管性高血圧、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、大動脈炎症候群など病気による、高血圧になります。そのため、原因となる病気が治ると、高血圧の改善もできます。特に、遺伝的に高血圧を持っている方は、生活習慣がよくないと、高血圧になる懸念があるため、日々の生活習慣に注意する必要があります。

高血圧(こうけつあつ、Hypertension)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には重大な状態である。

そして、一般的には若いうちから塩分を控えた食生活にすることや、たっぷり野菜をとることや、喫煙をしないことや、適度に運動を実行することが鍵となる。本人の努力も必要なことは言うまでもないが、親や家族や地域の連携的な対策も鍵となる。

高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されていた。これらは現在メタボリックシンドロームと呼ばれる。

高血圧はそのままにすると
1.脳卒中を起こる可能性があります。脳卒中は高血圧によって最もリスクが高くなることであります。
これは収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%高くなります。

2.心筋梗塞と狭心症を発生率が高くなる
高血圧は心疾患のリスクも高めて、特に男性の場合は影響が大きく、収縮期血圧が10mmHg高くなると心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%を増加します。

3.慢性腎臓病を起こる可能性があります
血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかり、血液中のナトリウムなどの排泄がうまく行かない、最後に血圧が上昇する悪循環を起こしやすくなります。慢性腎臓病を起こす率が高くなることがあります。

高血圧の原因
最初の血圧の分類によって収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされている。でも、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされている。

現在、高血圧の原因は特定できている場合とそうでない場合で大体二分類して、原因がよくわからない「本態性高血圧症」と、特定の原因が明らかになっている「二次性高血圧」に分類するということが行われている。

本態性高血圧の原因については原因のよく判らないものを「本態性高血圧症」と呼ぶことですので、良く判っていないの原因は 単一ではなく、「両親から受け継いだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどの様々な環境因子によって修飾されて高血圧が発生する」ということであります。

例えば:
1.塩分の過剰摂取
食塩の過剰摂取には血圧の上昇を招き、心臓病や脳卒中のリスクを高めることができます。

2.肥満、飲酒

3.血圧反射機能の障害

4.睡眠不足

二次性高血圧は明らかな原因疾患があって生じる高血圧をいい、以下のような疾患が原因となる可能性があります。
1.大動脈縮窄症 先天性疾患

2.腎血管性高血圧
これは腎動脈の狭窄があり、血流量の減った腎でレニンの分泌が亢進することで起きます。

3.甲状腺機能異常

4.妊娠高血圧症候群

高血圧の症状
高血圧の初期症状

めまい、頭痛、耳鳴り、肩こり、頭が重く感じる、貧血、鼻血、目が赤いなどです。

高血圧が進行するにつれて、出てくる症状

むくみ、足の痺れ、頻尿、動悸、胸痛、呼吸困難などです。

<高血圧治療薬通販>
 高血圧と糖尿病専門医サイト

高血圧食事紹介
1 食塩を減らしましょう
食塩は血圧を上げる大きな要因であります。だから、調理法・食品の選び方の工夫をし、減塩を心がけましょう。一日に6g未満でおすすめです。

注意するところは
1.干物などの塩蔵品や漬物・佃煮など、食塩を多く含む加工食品

2.煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。

3.レモン・酢などの酸味やしいたけ・のりなどの風味がある食品を利用すると、うす味でもおいしく食べることができます。

4.加工食品や外食の栄養成分表示を確認しましょう。「ナトリウム」で示されている場合は、以下の計算方法で食塩量を算出することができます。

ナトリウム(g) × 2.54 = 食塩量(g)
ナトリウムがミリグラム(mg)で記載されている場合は、グラム(g)に直すため1000で割ります。
(ナトリウム(mg) × 2.54) ÷ 1000 = 食塩量(g)

2.エネルギーをとりすぎないようにしてください
肥満は血圧の上昇に影響します。穀類・菓子及び嗜好飲料などの糖分や、揚げ物・調理油などの油脂のとりすぎ、エネルギーの過剰摂取に注意しましょう。

また、早食いはエネルギーのとりすぎにつながります。よく噛んでゆっくり食べるよう心

食べできるもの

1.牛乳、サントリー胡麻麦茶

2.グレープフルーツ
3.コーヒー

生活の場合
1.寒冷が血圧を上げることが示され、季節では冬季に血圧が高い。高血圧患者では冬季の寒冷刺激を緩和するために、トイレや浴室などの暖房も望まれる。入浴は熱すぎる風呂、冷水浴、サウナは避けるべきである。便秘に伴う排便時のいきみは、血圧を上昇させるので避けるほうがいいです。

2.禁煙

健康サポート

人気ED治療薬レビトラ通販情報サイトです。レビトラジェネリックはレビトラ同様にED治療薬で、自然な勃起を促進してくれる安全な精力剤なのです。レビトラジェネリックは男性のED、早漏、インポテンツ、勃起不能など症状に抜群な効果があります。